泥棒の本音

泥棒の本音
空き巣の本音
画像

“空き巣が一番安全で率がいいと教わってもう十年。きちんと背広を着て堂々と玄関から入るから外見上泥棒って誰にも気付かれないさ。無人かどうかはちゃんと建物の外観や電話、チャイムで調べてるし、目をつけた家なら家族の行動パターンまでしっかり頭に入っているさ。玄関の鍵なんかオレ様の腕前なら約2、3分ってとこかな。”


泥棒のいやがること

泥棒は完全犯罪をねらっています。一度捕まってしまうと何年間か塀の中から出られないので、とても慎重にことを運びます。そんな泥棒の心理を知れば、自ずといやがる事も見えてくるものです。

では、泥棒は犯行中どんな心理状態にあるのでしょうか?そして泥棒のいやがる事とは!?
犯行時の心理
画像

泥棒は完全犯罪をねらっています。一度捕まってしまうと何年間か塀の中から出られないので、とても慎重にことを運びます。そんな泥棒の心理を知れば、自ずといやがる事も見えてくるものです。

では、泥棒は犯行中どんな心理状態にあるのでしょうか?そして泥棒のいやがる事とは!?
犯行時の心理

泥棒は、人に見られたり犯行中であることを知られるのを最も恐れています。また、犯行途中極度の緊張状態にあるため、正常に思考できる状態ではありません。
画像

そんな緊張状態の中で、もし人と出会ってしまったら、パニック状態。偶発的要素が原因で窃盗が強盗、殺人などに移行することもあります。これが最も恐ろしい「居直り」 なのです。

特に侵入するためにかかる所要時間が長くなれば、それだけ人に見られる可能性が高くなります。
下のグラフは、警察が捕まえた泥棒から聞き取り調査した内容をまとめたものです。それによると、侵入に5分以上かかったり、防犯設備がある侵入しにくい建物を嫌がる泥棒の心理がよくわかります。
画像
画像

犯行を諦める侵入のための所要時間防犯ベルに対する泥棒の基礎
泥棒は音と光が大嫌い

泥棒が侵入する極度の緊張の中、突然ライトがついて真っ暗闇の中で自分の姿が明るく照らし出されたり、ベルやサイレンが鳴ったりしたら・・・。

警察見解では、侵入時の音や光による威嚇に対しては最大限の退散効果があるといわれています。

泥棒が答えた「被害に遭わないための秘訣」にも、防犯テレビカメラ、防犯センサー、ベルの設置が最も多く挙げられています。また、犬を飼うというのも効果的です。

防犯システム音光
画像
画像
画像


泥棒に遭わないためには、これまで捕まった泥棒の心理を知ることが非常に重要です。

防犯設備士は、犯罪情勢、逮捕された犯人の心理等を検討し、最適な防犯システムを提案します。

活用を検討して下さい。無料で相談応じます。

青森市中央2丁目16-8
アシスト青森(セキュリティハウス青森)
代表 山内 巨
画像
 
TEL017-776-6551
HP:
アシスト青森 
http://www.ashisuto.mobi/ 
セキュリティハウス青森
http://www.securityhouse.net/~shs-aomori/
電子メール アドレス :
ky00110@mx71.tiki.ne.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック