青森で交通安全運動総決起大会について

青森で交通安全運動総決起大会
※郷土の新聞東奥日報記事引用





アスパムで行われた子供達の交通事故防止宣誓の模様


画像



 




「春の全国交通安全運動」が6~15日、全国各地で一斉に行われる。県と

県交通対策協議会は5日、




画像








青森市の県観光物産館「アスパム」内で県民総決起

大会を開き、交通事故の防止に努めることを誓い合った。




画像

※イメージ写真で、以前のパレードのものです。



期間中は、

1.子どもと高齢者の交通事故防止

2.自転車の安全利用の推進(特に、自転車安全利用五則の周知徹底)




画像






3.全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

4.飲酒運転の根絶



画像






の4項目を重点的に取り組む。大会では佐々木郁夫副知事が「なお一層、

県民に交通安全を訴えていく地道な取り組みが大切」とあいさつした。




アシスト青森は、平成19年7月10日交通対策本部で決定された

自転車安全利用五則

を、交通安全、交通事故防止重点対策とします。


1 自転車は、車道が原則、歩道は例外




画像




2 車道は左側を通行

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行






画像






4 安全ルールを守る

 ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 ○夜間はライトを点灯



画像







 ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5 子どもはヘルメットを着用







新入学児童を代表し、古川小学校1年の阪本優平君、

千刈小1年の長内柚季さんが右手を挙げながら「私た

ちが安心して学校に通えるようにみんなで守ってください」



画像





と誓いの言葉を述べた。大会後のパレードは雨のため

中止となったが、




画像

※イメージ写真で、実際のものではありません。



県警交通機動隊がパトカーで街頭指導に当たっていた。










アシスト青森が提案する事故防止対策。


運転前に、「気を付けろ!」と、心の中で言い続ける。

です。


常に自分に言い聞かせていると、自然に安全運転が

身に付きます。



画像

※イメージポスターで、今年のものではありません。(平成22年度ものも)


急いでいるときは特に、車両の中で声に出して自分に言い

聞かせると効果的です。


交通事故は事故責任です、このブログをお読みになった方

の事故防止を祈願申し上げます。













アシスト青森は、今のニュースをお伝えし、安全安心快適

ライフを、提案しております。






青森市中央2丁目16-8
アシスト青森(セキュリティハウス青森)
代表 山内 巨


画像




 
TEL017-776-6551
HP:
アシスト青森 
http://www.securityhouse.net/~aomori/
セキュリティハウス青森
http://www.securityhouse.net/~shs-aomori/
電子メール アドレス :
kyo.yamauchi@sky.plala.or.jp

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック