新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス対策は「IT検温」で 院内感染を阻止できます。 新型コロナウイルスの感染症は、37.5度の 体温を検温することで、水際対策が出来ます。 赤外線カメラとパソコンのセットで顔の表面温度を計測します。 37.5度を検知すると、アラームが 鳴り高熱をお知らせします。 パソコンの…
コメント:0

続きを読むread more

「新型コロナウイルス」新検温システム

新しい検温システムについて 非接触型検温システム カメラで撮影した映像をパソコンで処理し 体表面の放射熱を検温します。 「新型コロナウイルス」は、37.5度の熱が 4日~8日続きます。 この熱を検温するシステムに特化しました。   平温の体表熱は青・水色 37.5度以上の高熱オレンジ・…
コメント:0

続きを読むread more

「新型コロナウイルス」青森県での感染の模様

「新型コロナウイルス」青森県での感染の模様      東奥日報の記事によれば 4月28日現在26人の感染が確認されている。 八戸市    8 人 十和田市  13 人 青森市    3 人 五所川原市 1 人 弘前市    1 人 の合計26人が感染しております。 十和田市内では、クラスターが発生してお…
コメント:0

続きを読むread more